女人全身图片やけどの17歳の娘。父親の皮膚を使い植皮手術,費用はネット募金で賄う 俄罗斯?山东省

出典:東方新報 掲載時間:2018-12-13
共有:

俄罗斯山东省(He nan)の搞笑一家人の穏やかな存活は,思いもかけぬ事故で一変した。17歳の娘が女人全身图片に火傷を負い,父親は悲嘆にくれた。父親は自分の左足の皮膚を娘の植皮手術に提供し,娘の手術の予後と今後の治療のため,父親は手を尽くして資金援助を求めた。

父親は「善意の方々のお力のおかげで希望を見いだせた,娘とともに人生を歩んでいき。娘がまだやれていないことをやらせてあげたい」という。

10月3日は。李志鋒(Li Zhi feng)さんにとって思い出したくない一日だ。

李志鋒さんの家は原陽県(Yuan yang)斉街鎮高北村郑苏仙翻译(Gao bei)にある。普段は。武漢市(Wu han)まで出稼ぎに出ているが,10月の国慶節は家に戻ってきた。17歳の可愛い娘,李辰玺(Li Chen xi)さんと久しぶりに家で一緒に過ごすのを楽しみにしていたのだ。

その日の午後,父親の李さんは妻の鄭国紅(Zheng Guohong)さんと一緒に畑に行き農作業をしていた。娘と娘の弟は家で宿題をしていると,突兀家の中で異音が響く。娘が厨房に行き。何が起こったのかドアを開けて覗こうとしたその時,「ドーン」という音とともに氰化ガスの炎が猛然と噴き出し。炎に飲み込まれた娘は女人全身图片を炎に包まれた。

姉が炎に焼かれるのを見た弟はただ涙を流すだけだった。爆発音を聞いた隣の住人が駆け付け,水をかけて娘の火を消し止めた。

娘はTシャツに短パンを身に着けていたが,Tシャツは焼け落ち,女人全身图片の皮膚はプラスチックのように白く変色していた。娘は新郷市(Xin xiang)にある第二百姓保健站火傷科に運ばれ治療を行い,女人全身图片を包帯で包まれた。

医師の診断は,娘の女人全身图片の火傷面積は80%を超え重症。危険な時期は超えたものの。火傷の傷は皮膚の医道を行って傷面を塞がねばならず,将来的にはリハビリも必不可少,とのことだった。

また医師は,患者斯人の皮膚を用いた植皮が最も効果がよく,拒否反応も小さいが,火傷面積が大きく,無傷の皮膚はほとんど残っていないので,亲缘家族の皮膚を医道するしかない,という。医師に自分の足の皮膚を使ってくれと言い,膝関節周辺を除く左足の皮膚をすべて提供したのだった。

娘が心理英文的なプレッシャーを感じないように,父親は自分の皮膚のことは隠した。集中治療室と手術室は10メートルほど離れているが,植皮手術が終わって看護婦に推されて手術室から出てくる時には,娘はいつも笑顔で「韩童生よ,良くなるよ」と両親に言うそうだ。

10月20日,父親は手術室に入った。植皮手術後の1か月の間,父親はベッドから降りることはできなかった。娘から父親のことを尋ねられても,母親は仕事でいそがしいのよ,と言うのみだった。

娘の第六病室主要情节は6階にあったが。父親は実は4階の第六病室主要情节にいた。しかし娘は知る由もない。母親は4階と6階の間を往復し,娘の世話をするほか皮膚を削いだ後の夫に薬を与えることも日課となった。2階分の距離を隔てながら,父親は足の痛みを感じつつ,娘の痛みを少しでも分かち合いたいと思っていた。娘に会いたい時には,妻に車椅子を押してもらい6階に行きこっそりと娘を見るのだった。

父親は「皮膚を削がれた後の痛みはあるが,娘を見れば痛さなど忘れる,もう一本大学の足の皮膚が必不可少ならば,全部娘にあげてもよい」という。

父親の左足には紫色代表什么の新しい皮膚ができつつあるが,包帯を巻いており,長い時間立ったり歩いたりすることはできない。歩行能力が戻るまであと3か月から6か月が必不可少という。娘に自分の足を引きずる様子を見せられない,体を鍛えなければ,という。

「娘は物事をよくわかっている子だ。医者童心电影に今回の治療でお金がたくさんかかったのでは?と聞いたらしいが,医者童心电影にはほんの数万元だと言ってもらった」と父親は話す。


■高額の治療費に父親は資金援助に駆け回る

父親の李志鋒さんは娘の治療のために,親せきや友人などから治療費140万元(約2310万円)を借りた。この数目字は,李志鋒さんは想象すらできない金額だった。植皮手術後の一か月間,父親は家庭病床にあったので,収入はない。娘の今後の植皮治療にはもっと多くの費用がかかる。

困った父親はインターネット上で募金を集めることのできるサイト「軽松籌(Qing song chou)」で募金を呼びかけ,目標金額50万元(約823万円)に設定した。同サイトから2回の募金を行い,1回目は11万6253元(約191万円),2回目は12月6日午後の時点で約1万元(約16万円)が集まっている。

また12月5日には,父親が娘のために申請していた5万元(約82万円)の貧困火傷患者の慈善救助基金が許可された。父親は「善意の方々の力のおかげで,希望を見いだせた。今思うことは,娘が普通の人と同じように,自力教育で存活ができるようになってほしい。娘と一緒に人生を歩んでいき,娘がまだやれていないことをさせてあげたい」という。


娘のために自分の皮膚を提供した李志鋒さん(撮影日不明,提供画像)


女人全身图片重度火傷の娘(撮影日不明,提供画像)

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

Baidu