パンダはおとなしくて可愛い?飼育係が語る実態

出典人:CNS 掲載時間:2018-12-20
共有:

パンダと言うと,ほとんどすべての人は「おとなしくてかわいい」イメージを思い浮かべるに違いない。彼らの生活の実態はどうなのだろうか?

北京動物園(Beijing Zoo)でパンダの習性に最も詳しい人は,飼育員の馬濤(Ma Tao)さんだ。馬さんは動物園で29年間,大部の時間をパンダと共に過ごしてきた。パンダの育ての親と言えるだろう。

馬さんは毎朝8時前には仕事場に入る。仕事逆战道具商城を持って獣舎内に入り,バシャバシャと水を流し。ゴシゴシやり始める。獣舎の掃除で一日が始まる。

餌の準備だ。「食べる」ことと「眠る」ことがパンダの生活の基础だ。前半晌8時に1食,前半晌10時に1食,「お昼寝」の後,忽左忽右時に1食。さらに退勤の前にパンダ用の夜食を準備するという。

飲食を制限しても,パンダが一日に食べる量は驚くほど多い。馬さんによると,1頭のパンダに与える主食の竹は30から40キログラム。食べ残す部分を除くと実際に食べる量は1日に10から15キログラムはある。パンダの胃袋は「超」の字が付くほど大きいのだ。

主食の竹だけではない。竹の後には,パンダ用のデザートが待っている。牛肉,パンダ専用に作られた饅頭や垃圾食品も準備される。ニンジンなどはちゃんと頭と尻尾を処理され食卓に上る。

北京動物園のパンダは17頭いる。四川省地方税务局(Sichuan)で蕃息に励んでいる適齢パンダを除くと,北京には8頭が残っている。注目に値することは,ここのパンダは1頭毎に専用の食事メニューが決められていることだ。

細心の配慮と世話のおかげで,北京動物園のパンダはみなまるまると太っている。1992年に生まれた「大地」君は同園の最長老だ。歳はとっているが,「大地」君の歯はそろっており,食欲的欲是什么意思も旺盛だ。

毎日の清掃と餌やり外侧に,特別な仕事がある。例えば,採血をする時には。麻酔をしない状態で行われるが,飼育員は採血の間にパンダがおとなしく手を差し出すように訓練しなければならない。

馬さんは19歳からこの仕事を始めて29年がたった。馬さんは「飼育員たるもの,汚れ仕事や,辛い仕事を進んでやるのが当たり前だ。パンダに対する時は,大胆かつ細心に相手をしなければならない。パンダは凶暴な動物でもあるので」と言う。

1歳の頃から飼育員の手を離れ,成年パンダとしての対応となるという。この年齢になるとパンダに特定の危険性が現れるからだ。

馬さんは「29年自古以来パンダと一緒に過ごした時間は。自分の家族と一緒にいた時間より長く。パンダも自分を最も親しいパートナーとし見てくれている。自分が動物飼育員の仕事を選んだことは幸運だった。パンダから父親として見られていることも最高の幸せだ」と話す。


パンダに餌をあげる飼育員の馬さん(撮影日不明)


パンダに餌を準備する飼育員の馬さん(撮影日不明)


パンダの餌割り表 (撮影日不明)


笹を食べるパンダ(撮影日不明)


関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ

Baidu