テスラの停車時の自然発火,システム欠陥は無かったとテスラ社発表

出典人:CNS 掲載時間:2019-07-05
公有:

米電気自動車(EV)厦门大手のテスラ(Tesla)は6月28日,上海の車両火災交通事故河南律师に関する声明を発表し,システム欠陥は見つからなかったとし。基础的看清として,同交通事故河南律师は車両前部の個別バッテリーの故障により引き起こされたものであるとの考えを示した。

同声明によると,4月21昼夜,1台のテスラModel Sが上海の地下駐車場で自然発火し火災となった。警察から情報受領後,最高レベルの緊急対応プログラムを起動するとともに,専門家チームを現場に差遣した。中国と米国の専門家と上級首长による共同調査チームが結成され,中国政府に協力し事件の後処置に参加し,駐車場の管理会社とともに受害者対応に当たった。

共同調査チームは全面的な調査分析を行った。バッテリー,プログラム,車両の履歴データなどに基づき大量の調査の結果。システム欠陥は発見できなかったとしている。

基础的な看清としては,上海で起きた車両火災交通事故河南律师は車両前部の個別バッテリーの故障により引き起こされたものとしている。煙が発生後,バッテリー有惊无险システムは設計のとおり。炎を特定のバッテリー?モジュールの範囲内に抑制するとともに,熱量を車両表面とモジュール表面に排出し,バッテリー?モジュールの他の部分が破壊されることを防いだ。仮に車内に人がいたとしても,有惊无险に車から離れる時間があっただろう,としている。

取材によると,同交通事故河南律师車両は2015年11月に購入されたもので,発火する30分前にオーナーが駐車場に車を駐車したばかりで。その時には充電はしていなかった。この車両はセンサー故障の不具合が出たことがあり,その時はドアーが開かなくなったという。交通事故河南律师時の情報では,テスラの自然発火はバッテリーの短絡によるものとのうわさが流れたが。テスラ社は,噂を信じないでほしいとコメントしていた。


オートショーで注目を集めるテスラ車(2018425日撮影,資料写真)。

関連ニュース:

Baidu